すっぽん小町の社長さん

すっぽんを使ったサプリメントとしては恐らく日本で最も有名であろう「すっぽん小町」このすっぽん小町を誕生させたのがていねい通販の創業者である古賀淳一さんです。この古賀淳一さんは福岡県出身の方で、高校時代は野球部に所属し(そんな雰囲気がある(笑))大学時代からは既に起業家になると決めていたそうです。大学時代にはアメリカ横断を決行してさらなるタフネスを見つけて商社に就職!その後にていねい通販の前身となる生活総合サービスを設立しています。その最初の商品が黒ゴマのサプリメントである「くろ源」でした。恐らく当時は健康食としてのゴマが広く知られる前だっと思うのですが、先見の明がある商品だったのではないでしょうか?しかし、商売はやはり厳しくしばらくの間は赤字続き。
それでも粘り強く営業を続けていき、なんとか軌道にのせたようです。古賀社長の話だと最初に電話注文を受けた時の「がんばりや」という言葉が今も耳に残っているとのことです。その後も紆余曲折を経て数々の商品を開発していく中で、ついにすっぽん小町が誕生。はがくれすっぽんの生産者である朝鵜さんとの運命の出会いを果たしたのでした!そこにたどり着くまでに古賀社長さん自身が体力的にも精神的にもピークになってしまったこともあったようで、家庭と仕事のバランスについても悩んだこともあったみたいです。すっぽん小町が人気商品になって良かったです!